どうやら週刊【ぎゃばん通信】ぎゃば通_伍号 両国にて


スポンサーサイト

更新日
--.--.-- ∥ --:--
カテゴリ
スポンサー広告
この記事へのコメント
トラックバックはこちらから
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぎゃば通_伍号 両国にて

更新日
2006.09.19 ∥ 00:17
カテゴリ
ぎゃばん通信
この記事へのコメント
comments : 4
トラックバックはこちらから
trackback : 0
土曜日にbehappy Blogを運営されているひろしさんと一緒に

『始皇帝と彩色兵馬俑展』@江戸東京博物館

に行ってきました。

自分が兵馬俑に関して初めて知ったのが

2006年4月号のNewtonの特集にて。

2200年もの間地中に埋まっていた兵馬俑たち。

すでに確認されているだけで8000体以上(うろ覚え)あって、

服のしわ、筋肉にうっすら走る筋、手のしわがすごくリアル。

さらにそれらの顔の一つ一つが個性を持っている。

将軍俑や力士俑。人間だけでなくて青銅でできた水鳥や雁。

世界初公開の彩色兵馬俑。

それらが現代によみがえり、遙か太古を偲ばせる。



中国の歴史にはそんなに明るくないけど、

当時の人たちがどんな格好をして、どんなことがあって、

どんな気持ちでこの人形たちを作ったんだろう。

なんかすごくロマンチックだなぁ。と思う。



展示会場はものすごく混んでて、あまりゆっくり見られなかったのが残念。

日本人全体的に、こういったものにお金を使えるようになったんだなって

ちょっとした景気の上向き具合を感じてみたり。

平日に休みでも取ってもう一度ゆっくり見に行きたいな。



たまにはまじめな日記があってもいいよね。



****************************************************************

いつのまにやら開設100hitsを超えてました。

ありがとうございます。(何が?

いつも来てくれる人も初めて来た人も

また思い出した頃に覗きに来てくださいね。

ついでにコメント書いてくれたらちょっとハッピー★

いや、べつに、あなたが俺をハッピーにさせる

義理も道理もないんだけども。

でも、不条理ではないはず。

なんてな。
スポンサーサイト

trackback

trackback URL
http://gaban2.blog58.fc2.com/tb.php/8-8d44fbdf

comment

ハッピー☆

ブログ開設おめでとうございます。
こ、こんな活動をされていただなんて・・・・。
は、早く教えてよw

行きましたか、彩色兵馬俑展。
ちなみに両国駅は関取くさい・・・・・。

話は少しそれるのですが、奈良東大寺の仁王像も、
彩色はないものの、腕の血管やら指に指紋やらまで彫られてるんだよ~。
すごいよね~。
解体すると全パーツ3000以上だとさ。
(BY プロ○ェクトX)

これからも楽しみに拝読させていただきますねw

投稿日
09/19 ∥ 03:42
投稿者
URL
URL
コメントの編集
編集
美術館

平日の美術館や博物館っていいよ。
おすすめは渋い出光美術館よん。
陶器が好きならおすすめね。

投稿日
09/19 ∥ 03:53
投稿者
URL
URL
コメントの編集
編集
お疲れさんでしたv

一時はそのまま国技館直行か・・・?!
と思われたものの(俺だけか(^^ゞ)、
やはり兵馬俑展に行って正解だったね。
ただひとつ悔やまれるのは、もう少し予習をしていけば
よかったことだなぁ・・・。
知識を蓄積すると言うよりは、
インスピレーションを楽しんだ感じでした。

その後のキャマ4人飲みも楽しかったね(笑)。

投稿日
09/19 ∥ 22:11
投稿者
URL
URL
コメントの編集
編集
レスポンス

@なぎちゃん
ほぇー。>東大寺
そうなんだ。
やるなっ、奈良っ。
うまいものなしと言われてかわいそうだけどw

@hideko様
出光美術館!そんなものがあったとはっ。
ぜひいきたい!いきたいでありますぞっ!

@ひろしさん
お相撲さんはちょっと…
僕にはビッグすぎますw

そうですね、もう少し予習していけたら良かったですね。
じゃあ、もう一度リベンジしますか?w
キャマ飲みって、キャマは3人しかいませんでしたよ?
正しくは『キャマとヤロウ飲み』。
ヤロウはもちろん…w

投稿日
09/19 ∥ 23:24
投稿者
URL
URL
コメントの編集
編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。